たったこれだけ!女性客をターゲットにするならトイレに〇〇を!

飲食店 トイレ 女性 おしゃれ

あなたの飲食店に女性客はどれくらいいますか?
お客様の大半が女性というカフェレストランもあれば、
3割女性という居酒屋さんもありますね。

では女性のお客様が飲食店で快適に過ごすには何が必要でしょうか?
そう、快適なトイレです!

男性なら快適なトイレとは「広いトイレ」の事だと思うかもしれません。
勿論狭いよりは広いトイレの方がいいですね。
でも、女性にとって快適なトイレはそういう事じゃないんですよ!

お店の内外装は一生懸命考えてこだわって綺麗にしているお店でも、
トイレに対する考え方が適当・・というところが結構あります。

確かにトイレが快適で綺麗だからといって
「このお店のトイレ素敵だからまた来よう♪」と、
リピート率が大幅にUPするというわけでないです。

しかし、女性にとってトイレの印象は、
あなたのお店を評価する重要なポイントになっています!
お店の「居心地の良さ」「雰囲気の良さ」「清潔感」に
実は深く関わっているトイレ。

今回ご紹介するお手洗いのポイントをきっちり抑えておけば、
確実に女性のお客様のお店に対する「満足度」が上がります。

1.飲食店のトイレには清潔感が絶対必要

トイレ 飲食店 レストラン

今あなたは「トイレに清潔感が必要なんて、当たり前」と思っていますね。
でもそんな当たり前の事が実は結構できていなかったりするもの。

例えば、トイレの洗面所の鏡はいつもピカピカにしていますか?
鏡の汚れというのはとても目立つので、気を付けてチェックしてください。
蛇口や排水口周辺の汚れはありませんか?
こういう細かい部分の汚れは、特に女性が嫌がります。

また洗面所のお客様の視界に入るところに
モップや雑巾等の清掃具を置いている事がよくあります。
これは小規模の飲食店によくあるケースですね。

「店内が狭くて清掃具をしまう場所がない」という事情があるからですが、
モップや雑巾等は汚れた場所を拭くのに使うものなので、
お客様の目線から見ればどうしても「不潔」の対象になります。
たとえ清掃具がきれいであったとしても、お客様には関係なく
「不潔で汚い」「安っぽいお店」と思われてしまいます。

なので、お店が狭くてトイレに清掃具の収納場所が無い場合は、
ちょっと取り出し面倒になってもどこか別の場所に退避させておく等
工夫をする必要があります。

「この飲食店のトイレ汚いからもう来たくない!」と言われたくないですよね。
客席と同じように、トイレもお客様をおもてなしする場所です。
その事を忘れないようにして、もう一度あなたの飲食店のトイレを
チェックしてみてくださいね。

2.飲食店のトイレには常にチェックが絶対必要

開店前や開店後に、トイレを清掃することは当たり前ですよね。
それ以外でもトイレが汚れていないか、こまめにチェックする必要があります。
特に、夜飲み会のお客様達がいる時や、
小さな子供のお客様がトイレを使用した後には
できるだけトイレをチェックするようにしましょう。

あまりきれいな話ではないですが、
沢山お酒を飲むお客様の中には、トイレで嘔吐する人もいますし
お手洗いを汚してしまう人もいます。
小さな子供もトイレが上手くできなくて汚してしまう場合があります。

そういう後に、別のお客様がトイレに入ると
「うわ!トイレ汚い!」となってしまうわけです。

お店が忙しい時は、なかなかトイレに意識を向ける事が難しいですが、
それでもできる限り気を付けて注意しておく必要があります。

3.飲食店のお手洗いには荷物かけが絶対必要

これも意外と気付かないお店が多いです。
女性は化粧品等の入ったバックやショルダーを持って
お手洗いに入る事が多いので、ドアに荷物掛け(フック)をつけておきます。

フックの位置も男性がつけると、女性にとっては
位置が高すぎる場合が多いので気を付けましょう。

フックの他に、トイレに座って手の届きやすい場所に
ちょっと荷物を置ける用の棚があると良いです。

洗面所の棚にインテリアを色々飾る際も、
お客様がバックを置くスペースの邪魔になっていないかチェック!

男性とは違い、女性がお店のトイレを使う場合は
「バックを持っている」という事を忘れず意識して、
トイレの設備を見直してくださいね。

4.飲食店のトイレには適切な照明が絶対必要

飲食店 洗面所 照明

3でも触れたように、女性は洗面所で化粧直しをします。
つまり、洗面所の照明が暗すぎると
鏡に映る自分の顔が見えづらくて化粧することが難しくなります。

だから、バー等で客席の照明は暗めにしていても
洗面所の照明は明るめにしておいてください。

また、照明の色が青白いと肌が綺麗にみえないので
自然光に近い温かみのある色にしておくと良いですよ。

お化粧が上手くできれば、気持ちが明るくなります。
飲食店で女性が楽しく快適に過ごせるためにも、
トイレの照明にも気を配る必要があります。

5.飲食店のお手洗いにはサニタリーボックスが絶対必要

飲食店のオーナーが男性の場合、気付きにくいのが
サニタリーボックス(汚物入れ)の重要性。
サニタリーボックスとは、女性のナプキンを入れる、
小さなゴミ箱のようなものです。

レサの顧客の男性オーナーの飲食店にも
やはり最初はサニタリーボックスがなくて、
すぐにトイレに設置してもらうようにしました。

サニタリーボックスにも色んなものがありますが、
ベストなのは手で直接触らなくてもフタを開けられるタイプのものです。
手のセンサーに反応して自動でフタが開くものや、
足でペダルを踏むと開くタイプのもの等。
逆にダメなのはフタが無くて中身が見えてしまうタイプ。

勿論サニタリーボックスも、少しでも汚れていると
女性にとっては不快に感じてしまうので気を付けてください。

ちなみに、レサのクライアントの話によると、
以前クライアントのお店で、お客様がトイレにナプキンを流し、
詰まってしまったため週に3度も排水溝業者を呼ぶ事になってしまったとか!

そうならないためにも、飲食店のサニタリーボックスには
気を配る必要があるのです。

トイレは奥が深く、語ればもっと長くなりますが
今回はこの5つのポイントに絞りました!

オシャレなトイレなら、勿論女性の満足度は上がりますが、
トイレをおしゃれにする以外にも、気を遣うべきポイントは沢山ありますね。
上記5つのポイントをもう一度見直して、
女性のお客様にとって快適なお店作りをしてくださいね。

飲食店 経営コンサルタントレサに契約頂くメリット

  • ここには書けない売上アップの秘訣
  • あなたの飲食店を繁盛店にする戦略的な方法をご提案。
  • 失敗しない飲食店の新規開業・繁盛店作り
  • 経営管理学と心理学に基づいた様々な実証済みの戦略でサポート
  • あなたのレストランの心強い「スタッフ」として真剣に向き合います。
飲食店 経営コンサルティング ホームページ制作
飲食店 トイレ 女性 おしゃれ